2011年12月02日

あした[VHS]情報。

スープDietのメリットのひとつとして、まずしなければならないことがかんたんで、重荷が溜まりにくいということがあるのです。



メリットの2つ目は、現実に減量するという事です。



Dietスープそのものは、600〜700キロカロリーしかないのです。



スープDietでは、時折飲食する果物は500キロカロリー程度で、お野菜類は300キロカロリー程度です。



スープDietを遂行している間の1週間で、肉を飲食することが出来ない5日間、お野菜スープと果物やお野菜をしゃきりと摂食したとしても、1日の吸収カロリー量は1500キロカロリー以下なので、まずあまたの人が減量するでしょう。





Dietについてある程度技術を保有していないとしても、たやすくだれでも努力することができるのがスープDietのメリットのひとつといえます。



スープDietの問題点としては、まずタンパク質の吸収量が少ししかないという所です。



健康を損じてしまうというほどでありませんが、全般的に間に合わないタンパク質量を、肉を飲食する日でなんとか助けるというような、偏りのある吸収法になっております。



炭水化物の嵩が間に合わないという事も問題点で、スープDietの予定でモノにできる炭水化物の嵩は、果物からモノにできる小さい量の糖にひずんでしまっている所です。



糖質の吸収量が不十分でいると、血糖値や中性脂肪の血中量をととのえにくくなるため、滋養的立場から言えば、スープDietの予定は余りお薦めされるDietではないといえます。





問題点のあるスープDietで仮に細くなることができたとしても、予定を終了するとリバウンドしてしまうという泥沼化も見込まれます。



こういう風な、スープDietは短い期間にDietしたい場合に扱うDiet法といえます。





PS 最近こちらというキーワードが増えてます。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。